• 店舗情報
  • 支払・送料
  • 返品・交換
  • よくあるお問い合わせ
韓国国内の安全性を認証されたレンズのみ取扱い

韓国カラコンって大丈夫? カラーコンタクトレンズの安全性について

コスプレでカラコンを使いたいけど「韓国製のカラコン=危険」いう不安がある方、承認レンズ・未承認レンズって何?という方も、ぜひこのページの内容をお読みください。 カラコンについて理解した上で、当店でご用意させていただいているたくさんのカラコンを正しく使用して、お楽しみください

初めての方へ

承認レンズ、未承認レンズって何?

韓国でのカラーコンタクトの生産の歴史は長く、当店で販売するすべてのコンタクトレンズは、豊富な経験と高い技術力を駆使して、安全、清潔に管理された工場で製造しています。
また、日本で厚生労働省に高度管理医療機器として承認され、日本国内に流通しているカラーコンタクトのほとんどが「韓国」「台湾」などの海外製です。
日本の厚生労働省の医療機器承認システムと同じように、韓国では、MFDS(食品医薬品安全処=旧KFDA)という国家行政機関の認証を受ける必要があります。
日本国内ではいわゆる未承認、といわれるコンタクトレンズを生産しているメーカーのうち、複数のメーカーが、日本の厚生労働省の承認を受けたコンタクトレンズを同じ工場で生産しています。 日本厚生労働省の承認あり、なしについては、日本での医薬品として流通されているかどうかという点です。

アニコンランドでは、韓国のMFDS(食品医薬品安全処=旧KFDA)や、アメリカFDA(米国食品医薬品局)、ヨーロッパのCE等の基準をクリアしたレンズのみを取り扱っております。 取り扱っているカラーコンタクトはすべて、韓国で認証を受けて流通している製品ですので、 安全性についてはしかるべき、厳しい審査を受け、審査をクリアしております。
日本の高度管理医療機器承認を受けたレンズではありませんが、厳しい審査基準のある認証を取った製品ですので、安心してご利用ください。 むしろ、コンタクトレンズが承認ありか承認なしかよりも、眼科医の診察を受けて、正しくご自身にあったコンタクトレンズを選び、正しく使用しているかどうかが大切です。

コンタクトレンズの構造について

アニコンランドで販売しているコンタクトレンズは、すべて眼に色素があたらないようにつくられています。
一般的にはサンドイッチ構造といわれる構造で、レンズの上にのせた色素をレンズに似た材質ではさむようにコーティングしています。現在、日本や韓国で販売されているのカラコン製品の中で最も多い構造のひとつです。(2014年12月現在)
サンドイッチ構造のメリットは、色素の内包性に優れたコンタクトなので、何よりも色素が目に付かず安全性が高いことです。
カラコンの製造技術、安全性は日々向上しており、サンドイッチ構造についても、以前のカラーコンタクトよりも厚みをださずに生産できるようになりました。
また、一部のカラーコンタクトレンズは、キャストモールド工法という、レンズの外側、瞳に触れない面に色素を埋め込むように着色する方法でつくられています。染料が外にでることがないうえ、より快適な付け心地を目指して作られた製品です。

カラーコンタクト発売当初、目のトラブルや事故が多く、その原因が粗悪なファッションカラーコンタクトであるといわれる時期がありました。 ただ実際は、製品が発売されたばかりということもあり、正しい使い方を知らない方がたくさんいたので、間違った使い方をしてトラブルに発展してしまった、という方が多かったようです。
現在ではコンタクトレンズに関する人々の知識も増え、製造技術自体も格段に良くなりました。
当店で扱っている製品は、日本国内では売られていないカラー、デザインコンタクトも、すべて安心して利用いただけるアイテムだけをご用意しております。

生産環境のご紹介

韓国の劣悪な工場で作られているコンタクトレンズを使用して、目のトラブルに発展した、などという情報をきいて、不安になられたでしょうか? 最初にも少し触れましたが、コンタクトレンズは医療機器ですので、生産、販売には審査を通過して認証を受ける必要があります。 日本でコンタクトレンズが厚生省の高度管理医療機器を受ける必要があるように、韓国においても、厳格な審査を受け認証された工場でなければ、コンタクトレンズを生産することはできません。
アニコンランドが販売するコンタクトレンズを生産するいくつかの工場も、例外なく、清潔ですみずみまで管理の行き届いた工場で生産されています。
また、商品をみていただければわかると思いますが、カラーコンタクトレンズはすべて専用の密封ボトルや密封パックに入れられ完全密封製造です。 完全密封されている状態では酸素や水一滴も入らないようになっています。異物の混入などもあり得ないことです。
お客様の不安を解消していただくためにも、生産工場の一例を以下にご紹介いたします。




TOPに戻る

キチンとしたお店で、キチンとした使い方で!

これまで当通販サイトで扱っているのカラコンの安全性についてご説明いたしましたが、 目に合っていないコンタクトレンズを使ったり、誤った使い方をしたり、違和感があるまま無理して使用を続けると、瞳に悪影響を与えたり、トラブルが発生してしまう可能性があることは間違いありません。
だからこそキチンとご自身の目にあったカラーコンタクトを選んで、キチンと正しい使い方をすることが大切です。
製品の品質も安全性も向上しているので、カラーコンタクトの使用に関して瞳の健康を守るために気を付けなければいけないのはなによりも「選び方」と「使い方」です。
以下の点に注意して、もし目に異常を感じた場合、速やかに使用を中止して眼科医の診断を受けて下さい。



コスプレ コンタクトメーカー 特別インタビュー

ナルトの度入り写輪眼シリーズや、ブラックライトで発光する、UVシリーズのカラーコンタクトなど、斬新で挑戦的な製品を発売する「innoVision」に、直接コスプレコンタクトについて教えてもらいました。



Q1. キャラクター、柄、プリント、UVレンズなどの特殊なカラーコンタクトの着色構造は、何か特別な作り方をしていますか?

A.特別な製法はありません。カラーコンタクトとおなじ製造方法で、キャストモールド工法という、レンズの外側、瞳に当たらない面に着色し、染料が外に出ることのないよう、安全に作られています。

Q2.使用されている素材、染料の安全性は問題ないですか?

A.染料はもちろん安全な物を使用しています。ドイツの食品医薬品安全庁の認証を全ての製品において取得した素材です。innoVision のホームページ内にも、認証書類、および安全性を証明する資料を提示しています。

Q3.innoVisioのコンタクトレンズはどこが優れていますか?

A.innoVisioのコンタクトレンズの設計構造は、装着すると少し瞳から浮くようになっているので、瞳とレンズの間に涙が入り込み装着感を向上させています。 普段、目のカーブにピッタリとつくようなコンタクトレンズを使用している方が、innoVisioのレンズを使用すると、全く何もつけていないように感じていただけるような装着感です。
また、主にヨーロッパ、イギリス圏で、お客様やバイヤーの方々から、カラーコンタクトレンズの発色について、高い評価を受けています。 瞳にのせたときに、瞳の色が透けて、カラーコンタクトの色がイメージ通りに発色しないことも多いですが、サンプル通り、しっかりと発色するように開発しています。



以上、あなたの瞳のために、おしゃれを楽しむために、正しい知識と正しい使い方を!

TOPに戻る